スポンサーリンク

こんにちは、家族持ち子持ちでミニマリストを目指しているco-daです。

まだ入院してるのかよ?

と言われてしまいそうですが、なかなか退院できません。妊娠発覚と同時に安静になってしまいましたが、ようやく30週になり、ゴールが見えてきました。夫も子供たちも寂しそうですが、なんとか頑張ってくれています。

月に1回くらい外出許可がでればいいんですが、一度も許可が下りません。子供の誕生日を祝うこともできませんでした。何がそんなに悪いのか、実感はありません。お腹は1日に3,4回張る程度で、けっして多くはないのですが、子宮経管が2.0cmからなかなか伸びてくれないのです。安静にしているからといって、簡単に伸びてくれるものではないですね。

妊娠30週の赤ちゃんと母体の状態。

妊娠前 48kg 162cm

子宮低長 24.5cm

母体の体重 53.5kg(妊娠前より+5.5kg)

母体の腹囲 80.5cm(2週間前より-6.5cm)

赤ちゃんの体重1400g(2週間前より+250g)

妊娠糖尿病だと巨大児になりやすいと言われていますが、赤ちゃん小さめです。私は糖尿病になるほど糖に溢れているのに、赤ちゃんには栄養が届いていないもよう……。差し入れは週に1回で、病院食しか食べていないのに、糖尿病になるとは納得いきません。糖尿病が分かった後は、差し入れも水のみになりました。長期入院で制限の多い毎日なのに、唯一の楽しみもなくなりました。

妊娠糖尿病になった人のうち30%は、そのまま糖尿病になるそうなので、出産後も油断はできません。

まんまる過ぎるお腹で、すみません。おへそはなんとか残っています。先週まではでべそになっていたので、ちょっとした快挙です。腹囲が減ったというより事ですから。

腹囲が激減したわけ。

2週間で、赤ちゃんは大きくなっているのに、腹囲は6.5cm減らすことに成功しました。ダイエットしたり、腹筋したりなんてしていませんよ。安静にしていないといけない身ですから。お腹の筋肉がないので、赤ちゃんと羊水で、簡単に伸びて膨らんでしまいます。ガードルを着ていなかったら、妊娠線も簡単にできていたでしょう。ただ、ガードルにはお腹を支える効果しかありません。

実は病院で安静にするようになってから、便秘が酷くなっていました。運動しないので、腸も動きません。6日に1回ペースで、薬を使ってなんとか出している状態でした。うさぎのうんこどころか、腸までカラカラで、ほんのちょっぴりしかでないのです。毎日ヨーグルトを食べ、水は2L飲み、牛乳も3杯飲んでも音沙汰無し。トイレに20分以上座っても、結果が出ない日が当たり前でした。

マグミット(便を軟らかくする薬)を毎食後1錠でも出ず、2錠でも出ず、3錠でも出ず、便秘の迷宮に迷い込んでしまいました。それが、毎食後マグミット1錠+白湯(コップ1杯)を取るようにしたら、翌日から出るようになりました!白湯は体にも優しいですし、冷え症も良くなりそうにポカポカです。

始めは硬めのうんちでしたが、その後はやわめうんちが出てきます。うんちが軟らかいと、残便感を感じてしまいますが、今までになく出てきました。1日平均、2回です。気づけば腹囲が-6.5cmになっていたのです。今まで赤ちゃんが大きくなったと信じていましたが、全ては溜まりに溜まったうんちだったのです!うんちでそんなにサイズが変わるなんて……。腹囲が大きくなりすぎて、妊娠線等心配な方、便秘を治すだけでも悩みが解決するかもしれませんよ。

ただ、出産に向けてお腹周りの毛が、やたらフサフサとしてきました。動物だった頃の名残でしょうか?産後に戻るのか毎回心配になりますが、ちゃんと戻ります!たぶん……。

長期入院なので、血管のラインに沿って、点滴の刺した痕が痛々しく残っています。裏側の血管も同じようになっていて、出産まで血管がもつか心配です。傷が治らないので、射す場所がなくなってきました。おばあちゃんの手みたいです。それに、年齢のせいか点滴の痕がシミになって、消える気配がありません。

……まさか…、一生腕が点々のまま?

予定日まであと2ヶ月、まだまだ先は長いですが、そこまで頑張って元気な赤ちゃんが生まれてくれれば、これも勲章になりますね。腕が汚くても困る訳でも無し、夏でも冬でも紫外線対策のために長袖ですし。どうやってシミを消そうか、考えるのも楽しいですし。

試練が多いのを楽しんでいると言ったら、夫に怒られそうです。夫はとっくに限界を迎えています。今日も病院に来て、「湿布を貼ってくれ!」と、わざわざ持ってきていました。背中から腰にかけて痛むけども、自分では手が届かなかったそうです。子供の邪魔もありますから、のんびり貼っていられませんよね。せっかくなので、背面全面に8枚の湿布を貼りました。こんなに入院が長引く予定ではなかったですが、文句言いながらも夫は頑張ってくれています。背中にお礼を込めながら、せめて湿布で痛みが消えてくれたらいいです。

スポンサーリンク

種族  人科頑固族。メス。30代。普段は会社員をしている4人家族。
誰とでもすぐ仲良くなれそうと言われるが、かなりの人見知り。人付き合いはとても苦手でなかなか打ち解けない。めだたないようにするのが好き。誰も見ていないところで頑張るのが好き。打たれ弱く、短気のダメダメ人間だが、鍛えれば人は伸びると信じて行動中。将来は子供に尊敬される人になる。2015年からミニマリストに憧れて、家をキレイにし始める。
趣味 : 美容、未来を考える。山歩き。
好きな言葉 : 信じれば道は開ける。
嫌いな言葉 : 無理だと思うよ、あきらめよう。