スポンサーリンク

こんにちは、家族持ち子持ちでミニマリストを目指しているco-daです。

節約に終わりはありません。

毎日の積み重ねが、大きな結果に繋がります。

節約が辛いという人も多いですが、趣味が節約という私のようなものもいます。ちょっとしか節約にならなくても、モチベーションが落ちることはありません。

 

5人家族での最低限度の生活費はどれくらいなのか?

 

水は湧き水を、電気はソーラーで、ガスは薪を使って、家庭菜園と狩りで自給自足の生活。究極まで突き詰めれば、生活費なんてほぼかからないでしょう。

いやいや、でもね、山で暮らしたい訳じゃないの。絶望的なくらい虫苦手ですし。家庭菜園する程の土地を買える予算もないです。薪とかソーラーなんて、満足感はあるけどもコスパはそんなによろしくない。

普通の住宅街で、普通の学校に通わせて、その中でコスパが最大限にいい生活をしたい。そういう都合の良い考えしているんです。ワガママなんですよ。

 

猛暑がやってきた!

 

そんなコスパ重視な我が家ですが、流石に暑すぎて、クーラーを毎日つけるようになってきました。電気代が恐い……。でも、クーラーを使わなくても涼しく過ごすコツはたくさんあります。

我が家は5人家族でも、水道代が基本料金を下回るほど節水を意識しています。シャワーはパパのみで、後の4人は浴槽にためた100L(シャワー10分程度の量)でお風呂に入るのです。残った水は、洗濯や資源ゴミの洗浄などに使いますが、それでも水が余ったら、また違う使い方をします。

 

dav

 

1、エアコンの室外機にかける。

頑張って室内を冷やしてくれるエアコン。室外機が熱くなると冷えが悪くなってしまいます。カバーをかける方もいるそうですが、けっこう高い!電気代がそこまで高くない我が家には、投資回収までが長いのでカバーは採用しませんでした。

その代わり、残った水をかけてやります。

蒸発する時の気化熱で、室外機の熱を取ってくれます。もともと捨てるはずの水なので、無料でできます。ちなみにエアコンの設定温度は29度。旦那が暑がるときは28度です。

クーラーが切れると旦那が起きてしまうので、最近は朝までつけっぱなしなことが多いですね。本当は勿体ないですが、夜が寝れなくては仕事にならないので、今はよしとしています。

 

sdr

 

2、水をまく。

夏の暑い京都でもやっている方法です。クーラーのない時代は、水をまいて冷やしていました。コンクリートを冷やすだけでなく、気化熱で上昇気流を起こし、風を作ってくれます。

子供はこんな暑い日でも、外で遊びたがります。地面に頭が近い子供は、反射熱の影響を受けて熱中症になりやすいのですが、水まきをすることで、そちらの防止にもなります。

ちなみに帽子にも水をかけて、頭の熱をとるようにしてもいます。さすがに帽子にかける水は、新しい水です。

 

sdr

 

3、扇風機に濡れタオルか濡れガーゼを被せる。

扇風機に濡れたガーゼを被せて、なんちゃって冷風扇です。ただの扇風機よりも涼しく感じます。

子供が外で遊んでいる間、熱中症にならないように見張っているので、よくこの方法を使っています。

 

4、拭き掃除をする。

床を拭き掃除すれば、さっぱりする上に床の熱を取ってくれます。家も綺麗になって、一石二鳥です。拭き掃除の水は、お風呂の残り湯ですることもあります。

 

5 、水タオルを使う。

体が熱っぽくなったとしても、濡らしたタオルで体を拭けば、スッキリ感とひんやり感を味わえます。暑くなるたびに何度でもできますし、扇風機の前で行えば効果は絶大です。顔だけ、腕だけでも効果があります。シャワーに比べて水道代がほとんどかからなくなります。

私は外気温が37度あろうと、水タオル+扇風機で全然平気でした。気化熱さまさまです。

この方法を取り入れてから、夏は水道代が高くなりがちだったのが、だいぶ抑えられました。というか基本料金です。前まではシャワーで体を冷やしていたのですが、ガス代も高くついてしまうので鬼門なんです。汗臭いならまだしも、暑いからという理由で1日に3回くらいシャワーされることもありましたから。

水タオルを試してもらったら、「コレで全然もんだいないわ。」という評価をいただけました。夏は、汗拭く乾いたタオルよりも、濡れタオルで決定ですね。

 

6、簡易クーラーを使う。

以前作った?簡易クーラーを利用しています。あると無いとじゃ気温が全く違います。私は水タオルで十分なのですが、旦那が暑がった時には、簡易クーラーにさらにクーラーをつけるときもあります。

夏の電気代節約!簡易クーラーを自作(DIY)して乗り切る。

 

こういう感じで今年の猛暑を乗り切っています。室内にいることがほとんどなので、そこまで暑いと思うことがないのですが、外で仕事している人なんかは、そうとう……大変でしょうね。郵便とかピザ屋のバイクを見るたび、無理しないでよーと思っています。日焼けして黒くなって、よけいに太陽熱集めて、そしてさらに黒くなって、辛そうだな……。

まだまだ節約の方法はあると思いますので、引き続き模索していこうと思います。

スポンサーリンク

種族  人科頑固族。メス。30代。普段はパートをしている5人家族。
誰とでもすぐ仲良くなれそうと言われるが、かなりの人見知り。人付き合いはとても苦手でなかなか打ち解けない。めだたないようにするのが好き。誰も見ていないところで頑張るのが好き。打たれ弱く、短気のダメダメ人間だが、鍛えれば人は伸びると信じて行動中。将来は子供に尊敬される人になる。2015年からミニマリストに憧れて、家をキレイにし始める。
趣味 : 美容、節約、未来を考える。自然。
好きな言葉 : 信じれば道は開ける。
嫌いな言葉 : 無理だと思うよ、あきらめよう。