スポンサーリンク

こんにちは、家族持ち子持ちでミニマリストを目指しているco-daです。最近家のいろんなところをキレイにしようと、アレコレためしています。今回は換気扇の周り(外側)をキレイにしてみます。換気扇の周りはホコリがたまりますし、油も少しすっているので意外と雑巾で拭いたくらいでは落ちません。以前雑巾で拭いたら、固まったほこりがポロポロと落ちてきて、コンロ周りが汚くなりましたした。そして、油を含んだ汚れだったので、換気扇の周りは落ちたところと、落ちなかったところと、まだらになってしまいました。

換気扇周りをキレイにしてみる

P_20160826_113113

我が家の換気扇周りです。白くもやがかかっているようにみえるのは、全部ほこりです。目に見えるところから下しか見ないので、掃除するのをけっこう忘れてしまいます。←言い訳。

ここで登場するのは、いつものお馴染みクイックルワイパーのドライシートです。フワフワな部分で汚れを吸着し、ゴワゴワな部分で汚れをかきとってくれるオールマイティに使えるお掃除グッツ。我が家のお掃除には、いつも貢献してくれている有り難い存在です。ドライシートはクイックルワイパーのものでないと、お掃除効果が著しく低下することがあります。

P_20160826_113211

さあ、ドライシートを手に取りましょう!必要なのはドライシートと水だけ。洗剤はいりません。軽く水で濡らしたドライシートで汚れを拭き取っていきます。

サッ、サッ、サッ。

P_20160826_130945

半分だけ拭いてみました。なんだかメイク落としのCMみたいになりました。半分だけすっぴんをさらしているみたいです。ドライシートがほこりを絡めとっているので、カスもでません。カスがでないので、その後の掃除をする必要がなく、かなり楽です。

そのまま残り部分も拭き取ります。油汚れがあるので、少し力を入れて拭いた方がいいです。スイッチ周りの溝に汚れが残りやすいので、ここは入念に拭き取ります。

全面を拭き取ったら、ドライシートで軽くなでてみます。ひっかかる感じがすれば、まだそこには汚れがあります。ひっかかる感じがなくなれば、仕上げに乾いた布などで拭きあげて完了です。

P_20160826_131357

ほこりで、もやがかかったような感じがなくなりました。久々に真っ黒な姿を見せてくれました。ここまでするのに、1分くらいです。拭いたドライシートは、洗う必要もないので捨てるだけです。簡単で楽ちんすぎます。ここまで楽だとまた掃除でもして、キレイにしてやろう!という気持ちになりますね。

スポンサーリンク

種族  人科頑固族。メス。熊本在住30代。5人家族。
誰とでもすぐ仲良くなれそうと言われるが、かなりの人見知り。人付き合いはとても苦手でなかなか打ち解けない。めだたないようにするのが好き。誰も見ていないところで頑張るのが好き。打たれ弱く、短気のダメダメ人間だが、鍛えれば人は伸びると信じて行動中。将来は子供に尊敬される人になる。2015年からミニマリストに憧れて、家をキレイにし始める。
趣味 : 美容、節約、未来を考える。
好きな言葉 : 信じれば道は開ける。
嫌いな言葉 : 無理だと思うよ、あきらめよう。