スポンサーリンク

こんにちは、家族持ち子持ちで兼業主婦をしているco-daです。子供を出産するときに、産前産後休暇や育児休業を取られる方が増えました。一昔前より昇級の見込みが減っているので、共働きをしないと子育てや生活が厳しくなる、という現代の状況を表しているように思えます。

しかし育休を長い間とっていると、育児の大変さに仕事までするのは耐えられない!と復帰を目前にして辞めたくなってしまうこともあります。私もそういう気持ちになりましたが、なんとか復帰しました。実体験をもとに復帰するまでの覚悟をまとめました。

将来にかかるお金を計算してみる。

まずは旦那からもらう生活費だけでまかなえるか計算してみます。現代は昇級しずらい世の中なので、将来ずっとその手取りだとして計算してください。

子供の人数 × 教育費(大学まで公立だと1000万、私立2000〜3000万)

先ほどの教育費とは別に、塾代、洋服代、食費、交遊費などが別にかかります。

老後の生活費 年金を受け取るとしても最低3000万必要。

保険でまかないきれない分の老後の医療費。

車の買い替え費用や、家の修繕費や賃貸なら更新費。

それらをざっと計算すると、大人2人子供2人の家庭で7900万生活費とは別に貯める必要があります。これを生活費とは別に退職するまでの30年で貯めるとすると、1月21.9万必要になります。生活費と別でですよ。実際には退職金を貰える会社もあると思うので、それを引いたとしてもけっこうなお金が必要になります。

我が家は旦那の給料だけで、そんなに貯金は絶対できません。私が働いても先ほどの計算には足りないくらいです。どんなに仲の良い家庭だって、食べていけなれば険悪になります。食べるためにはお金が必要で、働かざるをえません。生きるためにのんびりするという理想を捨てましょう。

p_20161011_170153

育休をとれたことに感謝する。

産前産後休暇、育児休業をとれる会社はとても優良な会社です。出産のため休むとなったら辞めてもらう会社も多いのです。育休をとれる会社は、子供のことでお休みをとることにも目をつむってくれますので(苦い顔されるのは当然)、辞めるのはもったいないです。

育休をとるということは、復帰して働きます!という約束のもと頂いたものなので、復帰するのは当然(やむを得ない場合を除く)です。育休をとっている間は、他の人がその分多く働いてくれていますので、感謝して早く仕事に慣れるようにするべきです。

それに育休をとった人がもし辞めてしまったら、他の方が育休をとりづらくなって迷惑をかけてしまいます。仕事復帰しなかった場合は悪い印象もつきますし、職場のある県で生活がしにくくなることもあります。

スポンサーリンク

転職したい。

育休後に復帰しなかった実績が残ってしまうと、他の会社の人にも不誠実な人だと思われてしまいます。それに、もし就職先が決まらなかった場合、生活が困窮してしまう可能性があります。復帰して働きながら、落ち着いて探しても遅くはないと思います。

子供が大きくなってから再就職しよう!

子供が大きくなってから再就職しようなんて、甘いですね!子供がいる方は就職するのは困難です。小学生までの子供は体調を崩せば親が見るしかないので、面接で落ちてしまうことも多いですし、休みも取りづらいです。最初の6ヶ月の試用期間の間は、休みがとれないと覚悟が必要ですね。

一度仕事を辞めてしまうと、たいていは条件の悪い仕事(パートやアルバイトなど)にしかつけないことがほとんどです。そうなってから前の仕事に戻りたくても、年齢の制限などで戻ることは難しいでしょう。

でもでも、子供の可愛いときは今しかない!

子供の可愛いときは今しかない、このときを一緒にいてあげたい!よく分かります。私も子供とべったりしているのが好きなので、子供と離れるなんて嫌でした。泣く子供を保育園において、仕事に行くのは毎日辛いものです。しかし、その可愛い子供が○○大学に行きたい!といったときに、喜んでいかせてあげられるように働いて貯金をすることにしました。

仕事が終わって家事をして、子供とくっついていられる時間はわずかになりましたが、わずかな時間だからこそ子供に優しく接することができています。子供も「ママと一緒にいたいの。」と言ってくれます。離れることで学ぶこともありました。

p_20160911_104611

復帰したほうがキレイになる。

子供が小さいうちは家にこもることがあたり前ですが、メイクもしなくなりますし、格好も適当になってきます。人と話さなくなったことで顔の筋肉は退化し、顔はたるんできて老けこみます。仕事で自然に顔の筋トレになります。

「こんなおばさんと結婚したっけ?」

と言われたら働いた方がよさそうです。仕事して家事をして育児をして、そんなお母さんに誰も文句は言えません。働くお母さんは最高にかっこいいです!

職場の人とのコミュニケーションが苦手だ…

コミュニケーションが苦手で、復帰する予定がなかったのなら、すっぱり辞めるべきでした。育休をとってしまったのなら覚悟を決めて復帰するしかありません。

私もコミュニケーションが苦手で、すぐに人に嫌われる人です。あいさつをしても無視されたり、あらぬ噂をたてられたり、冷たくあしらわれたり。仕事はちゃんとやっているので、上司は評価してくれています。仕事はしずらいですが、10年以上耐えていると慣れてきました。

何を言われようが、私には守るものがあるのです。神経図太くなったのか、ママになったからなのか分かりませんが、仕事に慣れるように無視にも少しずつ慣れます。

「人間失格。」と言われたとしても、伴侶を見つけて子供を産んだという実績があるのでむしろ「人間的魅力のある人。」と認定されたようなものです。本当に大切な人は数えるほどしかいません。職場の人がどうなろうと自分がどうなろうとお互いに関係ありません。辛いですけど、「私の人生には関係のない人。」とわりきればいいです。

復帰してみればたいしたことなかった。

色々悩みながら復帰しましたが、復帰してみればたいしたことありませんでした。自分汚時間はなくなりますし、体力も削られますが、なんとかやっていけてます。ただ覚悟を決めるのに時間がかかっていただけでした。

育休は1年とりましたが、ちょうど良かったなと思っています。最大で3年とることはできますが、3年もとると仕事を忘れてしまい、復帰がよりキツいものになります。1年だと仕事を8割くらいは覚えているので、すぐに元のように働けるようになります。

仕事をすることでストレスは避けられないものですが、仕事のおかげで住むところもあり、美味しいご飯も食べられて、子供たちに可愛い洋服を買ってあげられます。欲しい生活のための対価なので、そこまでわるいものではないです。

スポンサーリンク

種族  人科頑固族。メス。熊本在住30代。5人家族。
誰とでもすぐ仲良くなれそうと言われるが、かなりの人見知り。人付き合いはとても苦手でなかなか打ち解けない。めだたないようにするのが好き。誰も見ていないところで頑張るのが好き。打たれ弱く、短気のダメダメ人間だが、鍛えれば人は伸びると信じて行動中。将来は子供に尊敬される人になる。2015年からミニマリストに憧れて、家をキレイにし始める。
趣味 : 美容、節約、未来を考える。
好きな言葉 : 信じれば道は開ける。
嫌いな言葉 : 無理だと思うよ、あきらめよう。