スポンサーリンク

こんにちは、家族持ち子持ちでミニマリストを目指しているco-daです。

見た目のかわいさにつられて、ふだん買わない麩を買ってしまいました。ただこの麩は美味しくなかった。汁物に入れるだけというのも楽でいいですが、子供も旦那も残すという……。

「もうこれ入れないでね。入れでも食べないから。」

……たしかに美味しくはない……。子供はまだしも、旦那は我慢して食べようよ(^_^;)

そうは思っても食べない宣言をされてしまったので、もうこの麩を汁物に使うことはできません。お麩は高タンパクで栄養価も高いです。せっかく買ったのにそのまま捨てるのももったいないので、お菓子にして美味しく食べてみようと思います。

 

 

お麩で子供と15分クッキング

子供も一緒にやりたがるので、簡単にできそうなお麩のクッキーもどきを作ってみることにしました。

 

材料は4つだけ。

○お麩

○砂糖(糖質制限中の方はパルスイートなどでも可)

○オリーブオイル(バターのみでする方は不要)

○バター

 

砂糖とバターだけでもいいのですが、バターは高いのでオリーブオイルを足して材料費を抑えています。もちろんバターと砂糖のみの方が、風味が強くなって美味しいです。

お麩のクッキーもどきは、焼き時間まで含めても15分で簡単にできてしまいます。

 

 

材料は全て目分量です。計るなんて面倒じゃないですか。お麩には必要な材料がすでに入っていますので、甘みと風味を足すだけでいいんです。

ズボラでも全く問題なし!

ただ、お麩の周りにまとわせる程度でいいので、量を作りすぎないように気をつけて下さい。足りなければあとで足せます。バターとオリーブオイルは同量になるようしています。それよりバターが減ると美味しさが落ちていきます。

まずは耐熱容器にバター、オリーブオイル、砂糖を入れてレンジで数十秒チンします。長くレンジにかけてしまうと焦げ付くので注意します。軽く溶ければ十分です。

レンジ対応の袋があれば、袋に材料を入れてチンすれば、洗い物も少なくて楽になります。

 

 

これが溶けた状態です。

ここで舐めてみて甘みを確認します。甘いのが好きな方は砂糖を増やせばいいです。

お麩を入れてスプーンなどで混ぜながら、お麩の表面だけに砂糖バターが付くようにしていきます。

 

 

混ぜている過程で、足りなかったな~と思ったときには、そのまま容器にオリーブオイルと砂糖を足して、ざっくり混ぜていきます。

あとはオーブンかトースターにオーブンシートをひいて、お麩が重ならないように広げて焼くだけです。

 

オーブンなら210~250度で5~10分。

トースターなら5~10分。

 

 

お麩の表面が少し色づくくらいで完成です。簡単、ズボラ、子供がお手伝いしても時間もかかりません。

仕上げにココアをかければ、チョコクッキー風に。きな粉をかけたり、イチゴパウダーをかけてみたり、いろいろアレンジできます。

食感はとてもサクサクして軽いので、どんどん食べてしまいました。全然頑張っていないのに、「ママがクッキーを作ってくれた!」と、高評価です。手間がかかっていなくて、すみません(^_^;)美味しくないお麩の在庫処分をするつもりが、ストックが必要かもしれません。

お麩って、小麦粉のタンパク質の部分で作っているので、見た目に反して糖質が少ないのです。パンやケーキ、クッキーなど、小麦粉で作ったものは簡単に血糖値が上がってしまうので、血糖値の高い私に、お麩クッキーは活躍してくれそうです。

それにお肌のためにも糖化は良くないので、お菓子を食べるくらいならお麩ですね!血糖値が高い人は老けやすいので、気をつけていきたいです。

スポンサーリンク

種族  人科頑固族。メス。30代。普段はパートをしている5人家族。
誰とでもすぐ仲良くなれそうと言われるが、かなりの人見知り。人付き合いはとても苦手でなかなか打ち解けない。めだたないようにするのが好き。誰も見ていないところで頑張るのが好き。打たれ弱く、短気のダメダメ人間だが、鍛えれば人は伸びると信じて行動中。将来は子供に尊敬される人になる。2015年からミニマリストに憧れて、家をキレイにし始める。
趣味 : 美容、節約、未来を考える。自然。
好きな言葉 : 信じれば道は開ける。
嫌いな言葉 : 無理だと思うよ、あきらめよう。