スポンサーリンク

こんにちは、家族持ち子持ちでミニマリストを目指しているco-daです。

この前汚部屋の片付けと掃除のサービスに行ってきました。あ、無料じゃないですよ。スタッフ2人の4時間コースで、3万ちょっとでした。

掃除を主にやっているので、片付けサービスに入るのは初めてだったのですが、ミニマリストの私が片付けなんて、めっちゃ合っている!と、楽しみに現場に向かいました。

お客様のプライバシーに関わるので写真は載せられないのですが、一軒家のキッチンスペースは、上から下まで足の踏み場がないほど物で溢れていました。

 

「こりゃあ、捨てがいがありそうだ♪( ´▽`)」

 

と、やる気満々だったのですが、ゴキブリや大型のクモがどんどん出てくるので、そのたびに心臓が止まりそうになります。虫の死骸でもビビりまくりです。お客様宅のゴキジェットを使わせてもらい、退治しながら少しづつ片付けます。

汚部屋になってしまった理由がなんとなく分かりました。

 

1、ゴミの分別をしていたのに、いつの間にか混ざっていた。億劫になり、そのまま放置。

2、キッチンは嫁の担当だからと、旦那が干渉しない。旦那との共有部分は不思議とスッキリキレイ!

2、掃除グッツをたくさん買っていて、それのせいでキッチンのスペースを圧迫している。

3、2人暮らしなのに、調理器具が多すぎる。鍋だけでも34個、ザルやボールなんかも10個以上あった。タッパーは100個近くあった。

4、物の位置が決まっていない。あちこちから同じようなものが出てくる。どこに入れたか分からないので、また買ってしまう。

5、賞味期限が過ぎたら、見てみぬふりをする。

6、自分でなんでもしようとする。漬物とかタレとか作り置きをたくさんしている。食べきれない。

7、頑張り屋、真面目。

 

頑張り屋なんだな、というのが今回強く感じました。なんでも自分でやらなきゃって抱え込んで、キャパがオーバーしているのに自分で頑張ろうとしてたら、汚部屋になってしまっただけです。もし少し散らかっているくらいで、誰かに頼ってたら、汚部屋まではいかなかったとおもうんです。

資源ゴミの分別も仕分ける項目が多いのに、物によっては月に1回しかゴミ回収日がこない。溜まりに溜まった資源ゴミは空間を圧迫するし、量が多いと分別しても混ざっていく。それで結局資源の日に捨てられない。いつでも捨てられる資源ゴミステーションがあれば、ここまで溜まらないのに。これは地区の制度のせいなので仕方ないですね。

 

スポンサーリンク

 

掃除グッツもアレコレ宣伝してて、どれがいいんだろうと悩むけども、市販のものなんて大差ないです。強い薬剤は売ってはいけないので、そこそこの能力しかないです。それでも過大広告に引っかかって、期待ほどじゃなかった……って、新しいの買ってしまうんですよね。

定期的にやるなら、タワシスポンジとか雑巾の水拭きでもきれいになります。洗剤使いたいなら食器用洗剤でもシャンプーでも使えばいいんです。掃除グッツが増えすぎて掃除しにくくなるなら、いっそなくてもいいんです。昔の人はほうきと雑巾だけで掃除していたんですから、洗剤がなければ!っていう思い込みを捨てればいいと思います。

また、漬物とか常備菜とか、旦那さまのために何種類も作るのは分かるんですけど、食べきれなくてドロドロになっていました。頑張って作ったものって、たとえ腐っていようと、捨てるに捨てれないんですよ。食べきれないことが分かっているなら、楽してもいいと思いますよ。最近ではコンビニでも小分けパックの常備菜が売っています。節約にはならないかもしれませんが、頑張り過ぎてたことに気づいて、休んだっていいと思うんです。楽になって笑顔が増えるなら、旦那さんも理解してくれると思います。

趣味で楽しいならいいんです。でも、あきらかに頑張りすぎて無理しているのが見えました。

自分であれこれ作る事をやめたら、ザルやボール、鍋も最低限ですみます。コンロは3つしかないので、鍋3つ、フライパン3つで十分だと思いますが、どうでしょうか。

せっかく便利な世の中なので、自分が楽になることを選んでいいと思います。怠けてダラダラばかりしているのはよくないですが、頑張っているなら利用したっていいんです。怠けるのが苦手な人は、週1くらい、家事もご飯も外注したっていいとおもいます。主婦には本当の休みって、外注しないとないですから。

 

自分家ではないので、勝手には捨てられません。

なので、賞味期限過ぎているので捨てます。鍋必要なのは何個ですか?じゃああとは捨てます。と、捨てるのを促していきました。そして、物の位置は一箇所にまとめました。特に食べ物は賞味期限があるので、カゴに乗せて手に取りやすい場所に置きました。味噌汁とかスープが230食分も出てきましたよ!賞味期限内に食べられるのか心配ですが、物を一箇所にまとめたことで、同じものを買いすぎている事に気づいていただけました。

捨てるだけ捨てたら、汚したくないと思うくらい、ピカピカに掃除します。キレイな状態をキープしたいと思ってくれれば、しめたものです。

キッチンだけでも4時間かかりました。

キッチンの収納力にも驚かされますが、1人じゃ無理なときは、知り合いに手伝ってもらうなり、業者に頼むなりしないとモチベーションと体力が持ちません。

キレイになった時の達成感は楽しいですよ!虫は苦手ですけど、キレイになっていく過程が楽しいです。一人は虫に強い人がいると心強いです。

汚部屋になる前に人も、なってしまった人も、ぜひ人に頼るという選択肢を考えてみて下さい。

 

スポンサーリンク

種族  人科頑固族。メス。30代。普段はパートをしている5人家族。
誰とでもすぐ仲良くなれそうと言われるが、かなりの人見知り。人付き合いはとても苦手でなかなか打ち解けない。めだたないようにするのが好き。誰も見ていないところで頑張るのが好き。打たれ弱く、短気のダメダメ人間だが、鍛えれば人は伸びると信じて行動中。将来は子供に尊敬される人になる。2015年からミニマリストに憧れて、家をキレイにし始める。
趣味 : 美容、節約、未来を考える。自然。
好きな言葉 : 信じれば道は開ける。
嫌いな言葉 : 無理だと思うよ、あきらめよう。