スポンサーリンク

こんにちは、雰囲気美女を目指しているco-daです。最近、急激に老けてきました。そういう悩みは誰しもあると思います。もちろん年齢的なことも関係すると思いますが、どこが原因ですか?そこが変化してきたことで、老けたという実感がありましたか?

どこがどう老けてきたのか分かっていないと対策のしようがありません。

老けた部分が明確でない場合、アンチエイジングという化粧品やエステを片っ端から試してしまうということになりかねません。本当はまぶたの窪みが老けた原因だったのに、「ほら、シミがうすくなりましたよ~。効果ありましたね!」と言われても、「うーん、変わった感じがあまりしない…。」となります。

私の場合はまぶたの窪みが一番老けた原因でした。シミは20代前半からありましたけど、メイクをすれば薄くみえるので、特に老けた印象にはなりませんでした。しかし、歳が30を超えたあたりから見た目年齢が急激に老けてきました。

なぜ、まぶたの窪みが見た目年齢を大きくあげさせるのか?

しみやたるみは早い方で20代からでてきます。しかし、一般的にまぶたの窪みが出るのは40代からです。まぶたの窪みが出ることで、この人は40代以上だと思われてしまうわけです。目の印象はとても大きいものです。話するとき、雑誌やテレビを見る時、基本的に目を見ますよね?メイクや整形で大きく顔が変わるのも、目の影響が大きいです。

まぶたが窪むと、目の周りに線が増えるため、目の錯覚で目が大きく見えます。ここで目を大きく見せるようなメイクをしてしまうと、おばけのような顔になってしまうのです!私も鏡の前におばけが写っていた時には、心底驚きました。まぶたの窪みが出ている間は、目の周りは暗い色をさけて、ふっくらさせてみせるような明るい色で、まぶたの影を飛ばすようなメイクが基本になります。そうすることで若く見せる効果がでます。キレイにとか可愛く見せるメイクから、若く見せるようなメイクに変わってきたら、周りからも「老けた。」と気づかれているでしょう。

まぶたが窪むことのデメリット

○目の周りのシワが増える。

○メイク道具、化粧品を買い替える必要あり。

○今までの洋服が似合わなくなるので、洋服もそうっとっかえ。

○手間、お金がかかるし、ゴールも見えない。これは整形しかないのか…とまで悩む。

スポンサーリンク

まぶたが窪む原因

 

○加齢によるたるみ。

○眼球周辺の水分量の不足。

○ダイエットや加齢によるまぶたの脂肪の減少。

○まぶたのコラーゲン(ハリ)不足。

○加齢による目の周りの筋力の低下で、まぶたが落ち込む。

 

まぶたの窪みには整形がいいのか?

まぶたの窪みを簡単に改善できる方法として、整形があります。

○ヒアルロン注射

人体にもともとある成分なので、安全性が高い。注射してから2,3日はまぶたがはれたり、注射の刺した後が分かる(医者の腕による)。注射した日に効果を実感、形が気にいらなければ、ヒアルロン酸を溶かすことも容易(お金は別でかかります。)。ヒアルロンの種類によりますが、6か月から1年しか持続しないので定期的にヒアルロン注射を打つ必要がある。

○FGF注射

FGFは人体で作られるたんぱく質の一種で安全性が高い。自身のコラーゲンの増殖を促すので、ハリが出て持続期間が長い。3~5年とも言われるが、個人差が大きい。注射してから1週間ほどまぶたがはれたり、注射の刺した後が分かる(医者の腕にもよる)。注射したその日では効果が分からないが、2週間から1か月かけて自然にまぶたがふっくらしてくるため、整形したことがばれにくい。しかし、まぶたの仕上がりが自然かどうかは1か月ほどたたないと分からないので、まぶたのふくらみがいびつだったということもある。

○脂肪注入

自分の体から取り出した脂肪をまぶたに注入する方法。取り出した脂肪は5時間以内であれば、脂肪の定着率は約20%です。満足のいく仕上がりになるまで何度か手術が必要だが、持続期間が長い。不衛生な病院ですると、合併症になりやすくなる。他の部分から脂肪をとらないといけないので、痩せたい部分がある人には向いている。まぶたの部分によって脂肪の定着率が変わって、ボコボコとなることもある(医者の腕による)。

 

お金とメンテナンスにかける時間がある方は整形でもいいと思いますが、私にはどちらもないし、ましてや「注射をまぶたに刺す!」なんて度胸もありません。自力で改善を狙います。

まぶたが窪んだ私がそれを改善していくまで、色々と実験をしています。結果がでるまで記事に追記していきます。

実験1

化粧水やアイクリームなどをとにかくたっぷり、こんもりと塗る。暇さえあれば、クリームを追加。いわゆる正統派の方法。9割以上の人が実践する。

6か月試してみる。とても人には見せられない姿だし、化粧品は山のように減っていくが、まぶたが改善されたという実感がまったくない。ただ、目元のしわは少し薄くなった。しかし、それで見た目が若くなることはなかった。

実験2

脂肪が増えるというボルフィリンを試してみる。

 

まぶたのくぼみを改善していく実験2。

 

実験3

まぶたのくぼみは眼精疲労、ドライアイ、睡眠不足でもなる。実験3

実験4

骨をたたくという方法を試してみる。

まぶたのへこみ、くぼみに骨たたきを試してみる。実験4

 

実験5

まぶたのコラーゲンを増やしたい。簡単に浸透しないなら直接入れる方法をやっていきます。

まぶたをふっくらさせたい。美容液が浸透しないなら強制的に入れる。実験5

この記事の内部リンクが、何度入れても切れてしまうので、クリックしても記事に飛ばない事があります。その場合は記事の検索窓から「まぶた」で検索をお願いします。お手数をおかけして申し訳ございません。

スポンサーリンク

種族  人科頑固族。メス。30代。普段はパートをしている5人家族。
誰とでもすぐ仲良くなれそうと言われるが、かなりの人見知り。人付き合いはとても苦手でなかなか打ち解けない。めだたないようにするのが好き。誰も見ていないところで頑張るのが好き。打たれ弱く、短気のダメダメ人間だが、鍛えれば人は伸びると信じて行動中。将来は子供に尊敬される人になる。2015年からミニマリストに憧れて、家をキレイにし始める。
趣味 : 美容、節約、未来を考える。自然。
好きな言葉 : 信じれば道は開ける。
嫌いな言葉 : 無理だと思うよ、あきらめよう。