スポンサーリンク

こんにちは、家族持ち子持ちでミニマリストを目指しているco-daです。我が家は普通の家に比べたら、だいぶスッキリに入る部類です。ただ、ミニマリストの方たちと比べたら、まだまだ……という中途半端なところです。

もったいないから捨てたくない。

そんな家族の抵抗にあい、現在は断捨離の停滞期です。断捨離でも停滞期ってあるの?と思われるかもしれませんが、ダイエットと同じようにあるんです。捨てるのや片づけるのに疲れたのか、捨てるものを見つけられないのか、断捨離を判断することに疲れたのか。

そういうときは無理に進めなくていいんです。頑張り過ぎてしまうとストレスが溜まって、大量の買い物をしてしまった。ということになりかねません。そうなったら断捨離のリバウンドです。疲れているときは、断捨離をいったんお休みして、断捨離したいものが見つかるまで考えないのが一番です。

ちょっとしたものを捨てる。

あらかたスッキリしているので、特に目立つような捨てるものはありません。捨てようとか全く考えていないときだったのですが、キッチンのあるものが邪魔な〜と感じていました。

キッチンスポンジの下に居座っている、こやつです。使ったスポンジを置くたびにガシャンガシャンと落ちて、毎回イライラしていました。旦那もこやつには手を焼いておりまして、「あーー!!また落ちた!」と何度も切れていました。

私が捨てたいものと旦那が捨てたいものが一致する。そんなことは滅多にありません。今一番、断捨離したい多一掃でした。でも、直接シンクに置くのは不衛生だし、水きりって必要だよな〜?吸盤でくっつくタイプの水切りもあるのですが、そういう問題ではなく、こやつが嫌いでした。

絶対なんとかしてこやつを断捨離してやる!

私の内なる闘志がメラメラと燃え始めました。他のミニマリストの方は、手ぬぐいとかミニタオルとかで洗って洗濯することで、キッチンにスポンジを置かないようにしていました。

しかし、我が家は頻繁に洗う事が多いので、その度に洗濯とかしていられません。それに、スポンジの汚れ落ちにはやっぱり勝てません。食器汚れに最適で、他のもので代用すると、汚れ落ちが悪く時間がかかるし、ストレスなんですよね。

キッチンスポンジを加工?する。

それならば、キッチンスポンジ自体を加工して、水切りがいらないようにしてやろうではないか!私のたいしたことない挑戦が始まりました。

まずはキッチンスポンジの真ん中に切り込みを入れます。

反対側まで貫通するようにしないと使えないので、思いっきりいきましょう。

固い部分からすると難しかったので、柔らかい部分からやっていきます。自分のイメージより大きく切るのがコツです。包丁でチャレンジすると手を切ったので、ハサミのほうがおすすめです。気をつけてください。

真ん中にパックリ切れ目が入りました。これくらいの大きさの切れ目の方が、具合がいいです。

もちろん反対側まで貫通していますよ。

さて、これをいったいどうするかというと、食器用洗剤のボトルに差し込みます。

こういう感じになりました。あらゆる形状の、食器用洗剤のボトルに対応できます。

私は食器用洗剤のボトルが生活感がありすぎたので、シャンプーのボトルに詰め替えてしまいました。

モノトーンってなぜかオシャレに見えるような?気がしています。スポンジのせいで台無しですけどね。

シンクに置くとこういう感じです。

水切りがなくなったので落とすストレスもないですし、少しスッキリしました。スポンジを斜めにすることで、水が早くきれるようになるので、衛生的です。水切り自体もカビが出たりしていたので、衛生のために水きりを使っていたのに、清潔ではなかったです。水切り洗うのも面倒だし……。

ちょっとした断捨離でしたが、スッキリと衛生面でも改善を図ることができました!

まないたが生活感ですぎているので、置かないようにしたいなぁ。でもここにあると便利なんですよね。

小さなものでも、ストレスになるものは捨てる!

正直いって、スポンジの水切りを捨てた所で、見た目にはたいした差はありません。それでも確実に断捨離は進んでいますし、ストレスが大きく削減されることもあります。

どうにかしたいなぁ、これ。

そういう疑問を感じて、考え、行動する。ちょっとしたことでも、ちょっとしたことと思わずに改善していく。仕事にも共通することじゃないかな?と思います。キッチンスポンジにレベルの低い加工をしたくらいで、こんなこと言っておりますが、行動しない人のほうが大半です。自分が感じた感覚を、放置せずに動く。加工レベルは……まぁ徐々に上がっていくでしょう。たぶん……。

ミニマリストになれるかなれないかは、細かいところにこだわれるか?ということも関係していそうです。もっとスッキリ!家族も納得!あわよくばオシャレなミニマリスト部屋に。目標はまだまだ先にあります。

スポンサーリンク

種族  人科頑固族。メス。熊本在住30代。5人家族。
誰とでもすぐ仲良くなれそうと言われるが、かなりの人見知り。人付き合いはとても苦手でなかなか打ち解けない。めだたないようにするのが好き。誰も見ていないところで頑張るのが好き。打たれ弱く、短気のダメダメ人間だが、鍛えれば人は伸びると信じて行動中。将来は子供に尊敬される人になる。2015年からミニマリストに憧れて、家をキレイにし始める。
趣味 : 美容、節約、未来を考える。
好きな言葉 : 信じれば道は開ける。
嫌いな言葉 : 無理だと思うよ、あきらめよう。