スポンサーリンク

こんにちは、家族持ち子持ちでミニマリストを目指しているco-daです。

これからエアコンを使う時期になるので、エアコン掃除をしようとしたら、ホコリとカビが大変なことになっていました。見えない部分が、こんな悲惨な状態だったなんて……。そのまま使っていたら、家中にカビ菌を撒き散らすことになりますし、室内干しの洗濯物も臭くなってしまいます。

エアコン掃除は、夏前とか冬前にするのが一番です。使っていない間にもカビは増えていますから。

フィルターは簡単に掃除できるのですが、手の届かないところまでカビが生えているようでした。素人ではエアコンの分解なんてしたら、多分壊してしまいます。チャレンジする勇気もないです。まだまだ先ですけど、新しく赤ちゃんも迎えますし、掃除を業者に依頼することにしました。自分で掃除していても、最低でも3年に1回は業者に頼むのが良いようです。掃除できていない部分が、故障の原因になってしまうとか(*_*)

ちなみにエアコンクリーニングをすると、エアコンの効きが良くなるので、たいていの家庭では電気代が下がります。

エアコン掃除の料金は一律ではない。

エアコンのクリーニングにも、ただほこりとカビを取るだけのものもあれば、抗菌コートまでしてくれるものもあります。せっかく掃除してもらっても、すぐにカビが生えてしまったらクリーニングが無駄になるので、抗菌コートまでお願いすることにしました。カビが生えにくくなりますよ。

最近はお掃除機能付きエアコンが人気のようですが、実は知られざるデメリットがあったのです。今回は、ダスキンのエアコンクリーニングで比べてみました。

 

これは一般的なエアコンクリーニングの料金です。なかなかの金額ですね~。自分でエアコンクリーニングできるスプレーも売っていますが、分解しての掃除でなければ、けっきょく奥のカビやほこりを取ることはできません。器具を揃えたりするのは物が増えるので嫌ですし、これは仕方のない出費とするしかないですね。

 

 

そして、これがお掃除機能付きのエアコンクリーニングの料金です。……1万円以上違います。エアコンを購入するときに、「お掃除機能機能が付いているなら、高くても仕方がないよね。楽には買変えられないし。」って買っていますよね。それなのにエアコンクリーニング代まで高いとは、何かの陰謀にはめられたとしか思えません。

「お掃除機能付きのエアコンなら、10年はお掃除不要です!」

実際に、電化製品の店員さんが言っていたセリフです。10年も掃除が楽になるなら、お掃除機能付きにしてしまいそうですが、そんなの嘘です。お掃除機能付きエアコンができるのは、フィルターの掃除だけです。内部に入り込んだほこりやカビは取れません。けっきょくは掃除が必要なのです。

抗菌&カビ予防のエアコンもあるけど?

素材にAg+を使ったり、UVライトを使った抗菌防カビエアコンも、もちろんあります。お掃除運転をしてから1週間はカビの発生がありません、としているエアコンですが、裏を返せば週に1回お掃除ボタンを押さなくてはいけません。

エアコンを使っている時は、思い出したときにお掃除ボタンを押せますが、エアコンを使わない時期には、忘れてしまいがちです。私なら100%忘れます。半年ぐらい、お掃除ボタンのことなど思い出しもしないでしょう。

そしてどんなに協力なAg+が使われていたとしても、ほこりが溜まれば、エアコン素材自体にカビが生えなくても、ほこりにカビが生えてしまいます。本体も高い、クリーニング代も高い、お掃除機能付きエアコンは、お金に余裕のある家庭向けですね。

内部クリーンというボタンがあるんだけど?

お掃除機能付きかそうでないか、分からなくなるときもあります。エアコンのリモコンを見てみたら、『内部クリーン』という文字が!?

こ、これはもしや……、お掃除機能付きなのかー?

ご安心ください。内部クリーンは、一見お掃除のような印象を与えてしまいますが、フィルター掃除など全くしてくれません。あくまでエアコン内を乾燥させて、カビの発生を防いでくれるものです。カビが生えてからでは意味がないので、定期的に使うようにしましょう。

エアコン業者に聞いた、カビを生えないようにする方法!

我が家のエアコンは、クリーニング業者のおっちゃんの手によって、キレイに生まれ変わりました。抗菌コートもしたし、これでしばらくは安心。エアコンの空気がキレイや~(≧∀≦)

めちゃめちゃ良いおっちゃんで、カビを生えにくくする方法を教えてくれました。おっちゃんの仕事減っちゃうけど(^◇^;)

○内部クリーンボタンを押す。

○ドライボタンを押す。

○送風ボタンを押す。

このどれでもいいそうで、エアコンを切る前に、いづれかのボタンを押して10分すれば、エアコン内の水滴が乾いてくれるんだとか!カビは湿気が大好きですからね~。これをすれば、エアコンクリーニングのサイクルを減らすことができます。長いスパンでの節約ですね。

おっちゃんいわく、お掃除機能付きのエアコンは、カビもほこりもレベルが高いそうな。掃除できていると思って、長期間放置されてしまうかららしい。お掃除機能付きエアコンを買うときには、よくデメリットを把握したうえで購入するのがいいですね。

何事も、シンプルなのが一番良かったりする。余分なものはいらない。

スポンサーリンク

種族  人科頑固族。メス。30代。普段はパートをしている5人家族。
誰とでもすぐ仲良くなれそうと言われるが、かなりの人見知り。人付き合いはとても苦手でなかなか打ち解けない。めだたないようにするのが好き。誰も見ていないところで頑張るのが好き。打たれ弱く、短気のダメダメ人間だが、鍛えれば人は伸びると信じて行動中。将来は子供に尊敬される人になる。2015年からミニマリストに憧れて、家をキレイにし始める。
趣味 : 美容、節約、未来を考える。自然。
好きな言葉 : 信じれば道は開ける。
嫌いな言葉 : 無理だと思うよ、あきらめよう。