スポンサーリンク

こんにちは、家族持ち子持ちでミニマリストを目指しているco-daです。

我が家は数ヶ月前から、上水道も下水道も基本料金です。

基本料金とは言っても、8㎡は使えていますので、不可能な数字ではないです。8㎡は、一人暮らしの方が使う水量なので、小さい子供ではありますが5人家族としては頑張っているほうかな?と自画自賛しています。

我が家は山や川の近くに住んでいるわけではないので、水を汲んでくるということはしていませんし、実家は共に遠いので、そこでお風呂に入ってくるなんてこともしていません。

純粋に、蛇口からの水を節約しています。

収入少なめ、毎月ギリギリなので、節水方法にひく方もいるかもしれません。

今までいろいろ節水方法をしてきましたが、今回は、お風呂に入るときの節水方法を載せることにしました。

 

シャワー10分の水量で4人お風呂に入るのは余裕!

 

シャワーは1分間に8~12ℓの水が流れていると言われています。10分あれば80~120ℓの水が、排水口に吸い込まれていきます。

4人が全員シャワーに入ろうものなら、500ℓは覚悟しなければなりません。節水シャワーヘッドを使っていようが、素早く洗おうが、無情にも水は流れていきます。

それに子供というものはお風呂で遊びたがります。シャンプーで泡だらけで遊んだり、何度も追シャンプーをしたり、節約は関係なく長風呂になるのです。

 

そこでわが家では、旦那を除く4人はシャワーを止めました。

 

旦那はお風呂くらい好きに入りたい!と申しておりますので、節水シャワーヘッドをつけて抗ったくらいで、あとは自由に入らせています。その分、残りの家族で節水せねば!

賃貸用の小さめの浴槽なので、半分までで100ℓ程度です。自動で沸かしてくれますので、こちらはスイッチポンで準備完了です。100ℓ以下に設定したかったのですが、それ以下には設定できませんでした。100ℓが最低ラインのようです。

 

 

お風呂に入るときは換気扇を切ります。換気扇の風で肌寒く感じてしまうと、水温を上げないといけなくなり、ガス代が上がってしまうからです。

わが家にはたらいがないので、恥ずかしながら……ペットボトルの上部分をカットしたものでお湯を汲んでいます。

これでシャンプーをしたり、体を洗ったりするので、無駄な水が流れていきません。子供がシャンプーで遊んでいようと、水が無駄になっていないのでイライラしなくなりました。

シャンプーで顔も体も洗っているので、こまめに流す必要が無く、全身洗って一気に流しています。洗顔、ボディソープ、リンスまで別々だったら、相当な水の量を使うと思います。4人洗い終わってもお湯がけっこう残っているので、そのまま湯船に浸かっています。4人で浸かれば、水かさがかなり上がるので、追加でお湯を入れる必要もありません。

子ども達は湯船で遊ぶので、けっこう長くお風呂にいますね(^_^)ノ

 

余った水はもちろん……。

 

お風呂が終わったら、浴槽に残った水は洗濯機に使います。ペットボトル2刀流で水を入れますので、ダイエット不要です。ちょっとしたエクササイズですね。

ペットボトルだとどうしても、浴槽の底に水が余ってしまうのですが、この水にスポンジを浸けてお風呂掃除をしてしまいます。毎日やっているので、1,2分くらいでさっと済ませます。

さらに、ペットボトルで洗濯機に水を入れている時に、そこそこ床が濡れてしまうのですが、雑巾で水分をキレイに吸い取り、そのまま家中の床を拭いてしまいます。残った水も、こぼれた水も無駄にはしませんよ!節水しながら家中ピッカピカです。

貧乏くさいですが、誰かに見られているわけでもありませんし、見栄をはるほどの収入もないので、細々と生きています。暗い気持ちでもなくて、新しい無駄を発見した時には、見つけてやったぞー!改善するぞー(*^▽^*)と、めちゃめちゃ楽しい気分になっています。

 

下は基本料金に到達するまでの、節水記事です。

寒い冬でもガス代と水道代を節約!シャワーの時間を短くする方法。

水道代が高い!節水を意識したら、料金が半額になりました。

節約したら水道料が1/3に!5人家族でも基本料金になりました。

 

よろしければ参考までにどうぞー!

スポンサーリンク

種族  人科頑固族。メス。熊本在住30代。5人家族。
誰とでもすぐ仲良くなれそうと言われるが、かなりの人見知り。人付き合いはとても苦手でなかなか打ち解けない。めだたないようにするのが好き。誰も見ていないところで頑張るのが好き。打たれ弱く、短気のダメダメ人間だが、鍛えれば人は伸びると信じて行動中。将来は子供に尊敬される人になる。2015年からミニマリストに憧れて、家をキレイにし始める。
趣味 : 美容、節約、未来を考える。
好きな言葉 : 信じれば道は開ける。
嫌いな言葉 : 無理だと思うよ、あきらめよう。