スポンサーリンク

こんにちは、雰囲気美女を目指しているco-daです。世の中の女性たちは、まつげの長さにこだわる。まつげが長いと目が大きく見えるため、メイクは目に力をいれている人が多い。メイクが上手ければ、目の大きさなど自在に操れる。

長ければ長いほど良いとされ、美人の条件としてまつげの長さがあるほどだ。

今回はまつげについて語ってみよう。

つけまつげ

まつげの代表格。安い、早い、すぐにボサボサ!まつげの形やボリュームも選びたい放題。顔の印象も簡単に変えられる。不器用な人はつけられない。毎日のように付けていると、つけまつげを取るときに自まつげが抜けるため、まつげが無くなるOR短くなる。

まつげエクステ

メイクを落としても、まつげが付いたまま。自まつげが伸びたようになり、すっぴん美人に見える。1か月5千円~1万近くするし、メンテナンスが大変。寝癖もつく。自まつげに負担がかかる。

マスカラ+ビューラー

安い、お手軽!ただ、毎日手間がかかるし、まぶたにマスカラが付く。ビューラーを毎日使うと、まつげが切れることがある。カールが昼ごろから落ちてきたりする。

第4の刺客

ここに選択肢第4の候補を入れてほしい。それは「まつげ美容液+まつげパーマ」だ。まつげ美容液で自まつげを長くしつつ、まつげパーマでくるりん、ぱっちりお目目だ。

まずは美容液。塗ってる間は気づかないが、止めると短くなっていくのが分かる。はっきり伸ばしたいなら、ルミガンかケアプロストだ。まつげはローングになる。ただし、この2つには副作用(眼圧が下がる、目が乾燥する、まぶたが黒ずむ、まぶたがくぼむ)があるので、もろ刃の剣だ。

つぎにまつげパーマ。2000~3000円で1か月ほどもつ。なぜこれが流行らないのか不思議だ。ビューラーをする手間もいらないのに、きれいにカーブする。二重が薄い人がまつげパーマをすると、持ち上げられたまつげによって、まぶたまで持ち上がりくっきり二重になることもある。なによりナチュラルなのに、可愛らしいお目目になるのだ。

しかし、まつげパーマは時間の割に採算がとれないし、ちょっとした技術も必要だ。以前はエステサロンでやっていることも多かったが、今は絶滅危惧種だ。

それなら自分でやってみよう!

調べてみると、まつげパーマのキットが普通に売っていた。しかも、フルセットでもエステサロンでするほぼ1回分値段で、何回もできる。私は10回くらい使ったが、まだ残っている。1回数百円で出来る。エステサロンからクレームが来そうだ。私はつけまつげがつけられないほど不器用だが、まつげパーマは時間さえかければキレイにできる。1回40~50分でくるりんとなる。まつげがあまりにも細く千切れかかっている人にはおすすめできない。

まつげパーマとモテマスカラの実力を試してみた

これは本当についでだ。いや、本当はこれを試してみたかったのかもしれない。

まつげパーマは初めてとは思えない出来だった。まつげにぴったりとロットをくっつけるのではなく(ロットがまつげに乗ってしまい下を向く。)、まつげから1~1.5mm位上にロットをつけた方がまつげが上を向きやすい。1剤を塗る時はまつげの向きはどうでもいいが、2剤を塗る時はキレイにまつげがセパレートするようにしないと、仕上がりにそのままでてしまう。2剤を塗る前のまつげは時間をかけて、くっつきが悪ければ、クリアグルーをたっぷりしっかりつけても、問題なくカールがかかる。

そしてモテマスカラブラウンを乗せれるだけ乗せていく。目指すはつけまつげをしているような食虫植物eyeだ。つけまつげは何度頑張っても無理だった。それならつけまつげレベルに自分でしてしまおうという考えだ。長くなるように下から上に、下から上に伸ばしていく。もしかして、眉毛までまつげを伸ばす事が出来れば、眉毛まで目の一部とみなされ、かなりのデカ目効果が期待できる。

しかし、簡単にはいかなかった。マスカラを重ねれば重ねるほど、乾きが悪くなりだまになっていく。あっちにくっつき、こっちにくっつき。これはもうひじきだ。食虫植物を目指していたのであって、ひじきは目指していない。しかも、マスカラの重ね塗りのため、まつげへかかる負担が半端ない。眉毛に向かってまつげを伸ばしたいのに、重みで下がる、くっつく、ひじきになる。

どうにかする方法はないのか……?

閃いた!ベットであおむけになってマスカラを塗れば重力に負けることはないはずだ!

さっそくまた塗っていく。ぬりぬり、ぬりぬり、ぬり。もはやもともとまつげだったとは到底おもえないし、ひじきをエクステにしているようにしか見えない。ひじきエクステ……流行るかもしれない!発案者は私ですよー。

それではひじきエクステの実用例を載せます。

ひじきエクステ漁

 

なんということでしょう!ちゃんと眉毛までまつげが届いてます。全部くっつけたかったが、ひじきの反発にあい、ここまでの結果しか出せなかった……。この写真がいったい何に見えますか?

蜘蛛の巣………?

と答えたあなた。想像力が足りませんね。これはひじきを前面に押し出したものです。ひじきと網といえば……そう、ひじき漁ですね。これはひじき漁をモチーフにしています。ちなみに網の部分はモテライナーのブラウンブラックです。キラキラの部分は涙袋に塗るやつをこんもりと乗せました。

なんだかハロウィンでも使えそうですね。

ちなみにこのメイクをしているときに、また宅配便が来てしまいました。ああ、やばい家に来てしまったと思ったでしょうね。サインの代わりにひじきを貼りつけてやればよかったと後悔しています。そんなことしたら配達員さんにブチ切れられるかもしれない。

スポンサーリンク

種族  人科頑固族。メス。熊本在住30代。5人家族。
誰とでもすぐ仲良くなれそうと言われるが、かなりの人見知り。人付き合いはとても苦手でなかなか打ち解けない。めだたないようにするのが好き。誰も見ていないところで頑張るのが好き。打たれ弱く、短気のダメダメ人間だが、鍛えれば人は伸びると信じて行動中。将来は子供に尊敬される人になる。2015年からミニマリストに憧れて、家をキレイにし始める。
趣味 : 美容、節約、未来を考える。
好きな言葉 : 信じれば道は開ける。
嫌いな言葉 : 無理だと思うよ、あきらめよう。