スポンサーリンク

こんにちは、家族持ち子持ちでミニマリストを目指しているco-daです。ミニマリストになりたい私と、物を持ちたい家族が一緒に住んでいます。私だけの意見を優先させると争いが起きてしまいますので、折り合いをつけることが重要になってきます。自分の物なら、自分で捨てればいい。家族の物なら、口出ししてはいけない。今回はミニマリストの洗面所というよりも、家族と生活するなかで、出来るだけスッキリに見せるため努力?した話です。

自分と家族共用の場所は、どう折り合いをつけていくのか?

共用の場所は、半分は自分の意志でスッキリさせてよさそうに思えますが、共用の物たちなので、全員一致でないと捨てることはできません。もし許可なく捨てれば、捨ててもないものでも疑いをかけられますし、信用が無くなってしまいます。

○ミニマリストな私

床には何も置きたくない、減らしたい。掃除しやすいようにしてほしい。常にスッキリしているのが理想。

○物を持ちたい家族

使いたい物が、常に使いやすい場所にないと嫌だ。1ヶ月に1回しか使わなくても、目に見えるところに置いておきたい。目の前に物があるのが当たり前。掃除はしないから大変かどうかなんて知らない。

考えが全く反対の両者ですが、何とか折り合いをつけなければいけません。元々物を持ちすぎていた私が、ミニマリストを目指したので、私の方がアイデアを出す必要があります。

「物を減らさず、棚にしまい込まず、スッキリさせるには……?」

そうですね、隙間収納しかありません。隙間はもともとデットスペースなので、場所もとりませんし、収納家具も不要です。減らせない物をそこに押し込むことにして、ぱっと見はスッキリ何もないような空間に見せかけます。

P_20160825_230518_EFF

これが我が家の洗面所です。ぱっと見ても床には何も置いてないように見えますよね。ルンバさんもひっかかることなく掃除してくれますし、雑巾がけするときも物がないので、ササッと簡単に拭き終わります。

P_20160825_230554_EFF

物がないように見えますが、洗面台の隙間には、こういう風に体重計を立てかけています。体重計って毎日乗らないですし、体型や食べ過ぎが気になったときに、思い出したように乗るくらいです。簡単に思いつくと思いますが、ミニマリストになる前の私は、「体重計を立てかける。」という発想がありませんでした。体重計は床に平置きするものと決めつけていたんですよね。ここは以前には、クイックルワイパーやほうきを置いていました。どちらも薄くて収納する場所に困るものだったので、ちょうどよい場所でした。

P_20160825_230613_EFF

洗濯機の両サイドにも、隙間収納できるスペースがあります。片方はトイレマットの替え(家族にとって必要な物なので捨てられない。)、反対側はタオルが置いてあります。収納家具を買うのもいやだったので、ちょうど隙間に入ったダンボールを収納としています。いずれ家族の許可が下りれば、洗面台下に収納してよりスッキリさせたいです。

物はしっかりありますが、スッキリに見えているのでよしとしています。こういう折り合いのつけかたがちょうどよいじゃないでしょうか。家族は使ったら出しっぱなしにしますが、大した時間もかからないので、私が片付けるだけです。文句は言いません。

ただし、使うのが自分だけだったら、不要な物は減らしていってもいいです。掃除するのは自分だけなら、掃除用の洗剤とか細々したものとか種類が多すぎたら、オールマイティに使える物にしぼっていきます。洗面台下のスペースが空けば、ゴチャゴチャしてる洗面所をスッキリしやすくなりますから。目に見えるところに物がなければ、一気に生活感のない空間を目指せます。いずれは洗濯機が見えないようにします!

スポンサーリンク

種族  人科頑固族。メス。熊本在住30代。5人家族。
誰とでもすぐ仲良くなれそうと言われるが、かなりの人見知り。人付き合いはとても苦手でなかなか打ち解けない。めだたないようにするのが好き。誰も見ていないところで頑張るのが好き。打たれ弱く、短気のダメダメ人間だが、鍛えれば人は伸びると信じて行動中。将来は子供に尊敬される人になる。2015年からミニマリストに憧れて、家をキレイにし始める。
趣味 : 美容、節約、未来を考える。
好きな言葉 : 信じれば道は開ける。
嫌いな言葉 : 無理だと思うよ、あきらめよう。