スポンサーリンク

こんにちは、家族持ち子持ちでミニマリストを目指しているco-daです。キッチンに置くか、置かないか、いつも論争が巻き起こるのが生ゴミネット(生ゴミ受け)ですね。ミニマリスト的にいらないというのは普通のことですが、生ゴミネットがあることによって様々なリスクが降りかかってきます。

生ゴミネットはなぜ必要か?

○生ゴミの水分を抜いてくれる。

○水分が抜けるので、ゴミ袋の底に汁が溜まらず、汁がチョンチョンたれて汚い!というのを防げる。

○水分が減ると臭いが発生しにくくなる。

○ゴミが軽くなる。ゴミを燃やすときの燃料費の節約になりエコである。ゴミ焼却施設に貢献するので徳を積んでる気がする。

「やっぱり生ゴミネットは必要よね~?これがなかったら水分切れないじゃん。」

ちょ~っと待った~!!確かに生ゴミネットはあって当然、水分切るために必要と思いこんでいるかもしれませんが、それなりのリスクだってあるんですよ。

生ゴミネットがあるデメリット。

○在庫のリスク。使っていない生ゴミネットの在庫は、ただでさえ物の多いキッチンを散らかす原因となります。何度も買うのが面倒だし安いから……という理由で何袋も買ってしまったりします。キッチンの奥に落ち込んだり、ぐちゃっとしたり、ずぼらさんには管理が出来なくなります。キッチンを整理整頓出来ているのはかなりの少数派です。自分の力量を見極めましょう。

○お金がかかるリスク。生ゴミを捨てるだけなのに、捨てるもののために生ゴミネットという出費がかかるのが気にくわない。大切にしたいものにお金をかけるならまだしも、ゴミにかけるのはなぁ。生ゴミネットは立てられるたいぷだと1枚あたり約10円です。

1年分なら3650円。

10年分なら36500円。

あと50年は生きる予定だから、そうなると182500円……。

たわけー!捨てるものに18万もかけられるか!物価上昇を加味してないので、もっと金額があがる可能性もありますね。それなら生ゴミネット代で旅行行くか、美味しいものを食べにいったほうが有効なお金の使い方だと思いませんか?

○放置するリスク。生ゴミって捨てたばかりのときには、食べ物だったものなのでそこまで汚く感じません。しかし水を切るという名目で1時間放置してしまえば、それは触りたくない汚いものに変貌します。小バエが飛んでいてウジが手に付くかもしれないし、ヌルヌルベタベタで汚いし、臭うし。今日は片づけたくないな~なんて放置してしまうかもしれません(それは私)!そうなれば事態は悪化し、大量発生した小バエ、キッチンから漂う異臭で家中何とも言えない臭いになるかも!ぎゃー、考えたくない。

○キッチンの流しが汚れるリスク。生ゴミの水切りをするところは基本的に流し(シンクとも言う)の片隅です。そこに1時間~数時間生ゴミをおいておくので、生ゴミネットを持ち上げた周辺には、水だけでは落とせないヌルつきが出現します。油分を含んだ生ゴミだったときはバター状に固まり、最悪な状態です。見た目にも汚いですし、この汚いのをこすって落とさないといけないなんて!気分が落ちてきます。

○意外と水分が切れないリスク。水分を切るために生ゴミネットを使いますが、キッチンは次から次へと水を使います。手を洗ったり、野菜を洗ったり、ちょっとしたものを洗ってたり。生ゴミネットにもガンガン水がかかるので、放置した時間の割に水分が切れていません。いざゴミ袋に入れようとしたら、生ゴミの汁がダーっと流れてきたりします。あれ?生ゴミネットの意味なくない?

○作業効率が落ちるリスク。生ゴミがあるからといっても、洗い物も出てきます。お皿まで放置してしまったらキッチンがカオスと化してしまいますし、また使うので生ゴミネットの場所を避けて洗い物をします。単身用の小さなキッチンだとスペースが半分に、アパートの普通のキッチンだと3/4に、大きなキッチンでも5/6にスペースが削られてしまいます。一度に洗えたはずの量でも、生ゴミのせいで分割して洗うことになったり、時間水、洗剤のロスも増えますね。

○キッチンの掃除のための掃除グッツが増えるリスク。生ゴミによりしぶとい汚れがシンクに付いてしまうのですが、そんな汚い部分を洗うのに食器用スポンジは使えないですし、食器用洗剤ではなかなかヌルつきが取れません。時間がたって酸化したことにより、汚れの種類が変わっているのかもしれません。そうなるとシンク専用の洗剤や、スカッチブライト(粗めのスポンジ)などを用意して掃除しないといけなくなります。掃除グッツを揃えることで出費も出てしまいますし、キッチン周辺が雑然としやすくなります。

生ゴミネット無しでも問題ない。

生ゴミネット無しでもお金をかけなくても、生ゴミ問題は解決できます。スーパーでもらったビニール袋に入れてしまえばいいのです。袋にそのまま味噌汁を投入するなんて論外ですが、きちんと水を切ってから入れれば、生ゴミネットと大差ありません。汁が漏れないのでシンクも汚れませんので、無駄に洗剤を増やす必要もありません。放置せずにすぐに袋の口を縛って捨てれば、キレイなシンクを簡単にキープできますよ。ズボラ&ちょい潔癖の私が行きついた方法です。お試しあれ!

スポンサーリンク

種族  人科頑固族。メス。30代。普段はパートをしている5人家族。
誰とでもすぐ仲良くなれそうと言われるが、かなりの人見知り。人付き合いはとても苦手でなかなか打ち解けない。めだたないようにするのが好き。誰も見ていないところで頑張るのが好き。打たれ弱く、短気のダメダメ人間だが、鍛えれば人は伸びると信じて行動中。将来は子供に尊敬される人になる。2015年からミニマリストに憧れて、家をキレイにし始める。
趣味 : 美容、節約、未来を考える。自然。
好きな言葉 : 信じれば道は開ける。
嫌いな言葉 : 無理だと思うよ、あきらめよう。